2階 和室

2階のリビング横の和室 入居前です。
この時点ではまだ畳が入ってないです。
壁紙が印象的なこの部屋は4.5畳ほどの広さです。
ブログのヘッダー部分の画像がこれです。

img_0316

 

イギリスのFarrow&Ball(ファロー&ボール)というブランドです。
カラーワークスという日本の会社が扱っています。
カラーワークスさんは東京、神奈川、兵庫にショールームがあって 神奈川の方には何度か足を運びました。

Farrow&Ballは環境や人体に配慮した素材を使い伝統的な工法で作られています。
壁紙だけでなくペイントも扱っています。
旧宅で何度か使ったことがあってペンキ特有の臭いもなく質感もすごくいいんです。たくさんの種類があって どれも絶妙なカラーなんです。
壁紙もいろいろなデザインがあって施行例を見るだけでもわくわくします。

壁紙を使うのは今回が初めてでした。
カットサンプルもいくつか送ってもらってイメージしたりしたんですが 選ぶのに散々迷いました(汗)
この壁紙を初めて見たとき まだ家を建てるという計画は全くなかったのですが
畳に合うなと思ったのが第一印象だっだので最終的にははじめに感じたインスピレーションで決めました。

けっこうインパクトがあります。

dsc_9122夜は主人がここで布団を敷いて寝ています。

布団が邪魔にならないように収納の下をオープンにして日中はここに布団を入れています。DSC_4139
もっと広い収納にしたかったのですが、壁の後ろが階段だったのでこの大きさになりました。
でもこれがあるおかげで布団を表に出さず、扉の中にしまって湿気もこもることもないので一石二鳥です。狭い和室を少しでも有効に使えますし。
ただ後からこの奥にはめ殺しのガラス窓をつけておけばよかったと後悔しております。
この部屋は日当たりが良くないので明かりが少しでも欲しいという感じなんです。
階段からの光りを入れるため、壁に穴を開けてなんとかならないかなと妄想を膨らませています…

 

スポンサーリンク

 

 

 

よろしければポチッとお願いします☆
にほんブログ村

ダイニング

入居前のダイニングです。
キッチン奥のカラフルなテープは引渡し前の修正箇所の印です。IMG_0320広さは、キッチン・ダイニング・リビングを合わせて17.7畳です。
ダイニングだけだと6畳くらいです。
手前に見えている天井の梁の部分なんですが、この梁は覆って今よりも10センチ天井が低くなる予定でした。
まだ建築中に主人がこのことに気付き、梁は出していいのでなるべくギリギリまで天井を高くして欲しいと頼んで今の高さになりました。

本当はもっと高くしたかったのですが、1階の仕事スペースを高くとらなきゃいけないというのと 3階建てなので高さ制限のこともあって242センチとるのがやっとでした。260センチは欲しかったのですが…

でもこの梁の件に気付いてくれてよかったです。
そうじゃなかったらもっと低かったのですから。
天井は少しでも高いのがお薦めです。
それだけで部屋の雰囲気や解放感が全然違います。

やっぱり建築中は面倒でもちょくちょく顔を出してチェックするのは大事ですね。
あとはコンセントの位置! これは特にそう思います。
伝えていてもなぜか違う位置につけられてしまったりするので正確な位置を決めて印をつけておくか、コンセントの工事の日は立ち会った方がベストです。
意外と知らない所でどんどん工事は進んでしまうんですよね。
DSC_4059
DSC_4063現在のダイニングです。

テーブルの端から壁掛けのテレビの位置まで壁が完成するまで正確な長さが分からなかったので 窮屈だったらどうしようと不安でした。
というのも狭ければ奥に行くのが不便ですし、最悪テーブルを買い替えないといけないかもと心配してたので。
でも出来上がってみると壁まで60センチもあったので安心しました。
テレビのでっぱりが14センチはありますが 大丈夫でした。

台所仕事をしながらテレビも観ることができるので満足してます。

 

スポンサーリンク

よろしければポチッとお願いします☆
にほんブログ村

キッチンタイル続き

キッチン背面カウンター壁のタイルです。
家を建築中に行ったリクシルのショールームで一目ぼれしたタイルです。

このタイルはコンロ周りのタイルより小さい角なので上品な感じです。
磁器質でパールっぽい色調で飽きがこないです。
キッチンは白で統一してますが タイルのおかげで寒々しくならずに変化があっていい感じです。

DSC_4098

一目ぼれしたとはいえ、これを機に当初考えていなかったタイルに興味を持って他にもないかなと思ってカタログを片っ端から見たり、ネットで調べたりショールームに足を運んだりしました。海外のタイルまで調べたりもしました。
かっこいいんですよね。
タイルは価格もお手頃価格から高価なものまで、色や形やデザインもたくさん種類があって迷いました。
DSC_4099タイルをより効果的に見せるために電球色の照明を入れました。
点灯するとぐっとムーデイーな雰囲気になります。
思ったより明る過ぎたのでアルミテープを貼って調整してみました。

タイル上のオープンスペースは季節に合わせてディスプレイを置いたりして楽しみたいなと思ってます。
生活感がでないようにカウンターにはなるべく物を置かないようにしています。

 

スポンサーリンク

よろしければポチッとお願いします☆
にほんブログ村